端午の節句はもともと男の子ではなく、女性の節句だった!?その由来や理由など

公開日: : 豆知識

端午の節句と言えば、5月5日のこどもの日のことですが、この日は男の子の節句としても知られています。

そのため鎧兜や五月人形などを飾るのが風習となっていますが、実はこの日はもともとは女性の節句だったという話があるのです。

その由来や理由などが気になったので、詳しく調べてみることにしました。

sponsored link

端午の節句とは?

そもそも端午の節句(たんごのせっく)とは何かといいますと、五節句の一つで、男の子の健やかな成長を祈願する日と言われています。

この日は国民の祝日である「こどもの日」となっており、ゴールデンウィークの日の一つとしても知られています。

 

もともとは紀元前3世紀の中国、楚で始まったとされていて

「端午」が月の始めの午(うま、ご)の日で

「午」が「五」に通じることから毎月5日となり

その中でも数字が重なる5月5日を「端午の節句」

と呼ぶようになったそうです。

 

同じように奇数の数字が重なる日である3月3日、7月7日、9月9日も節句となっています。

 

もともとは女性の節句だった!?

そんな端午の節句ですが、なんともともとは男の子の節句とは真逆の女性の節句だったと言います。

その由来は昔の日本で行われていた「五月忌み(さつきいみ)」という風習が関係してきます。

 

昔の日本は、稲作が中心の生活であり、5月は田植えの時期という1年で最も重要な時期だと考えられていました。

その時期に稲の神様を迎えて、稲の豊穣を祈るために若い娘たちが巫女となり、菖蒲(しょうぶ)や蓬(よもぎ)で覆った小屋にこもって身を清めるという風習がありました。これを「五月忌み(さつきいみ)」と呼ぶのだそうです。

これが中国から伝わった端午の節句と結び付けられ、女性の節句となるに至りました。

 

これに関係して5月4日の夜から5月5日にかけてを「女天下」と称して、家の畳の半畳分ずつあるいは家全体を女性が取り仕切る日とする風習を持つ地域があり、5月5日を「女の家(おんなのいえ)」と称する風習が中部地方や四国地方の一部にあるとのことです。

 

なぜ今は男の子の節句に?

日本で端午の節句が男の子の節句となり始めたのは鎌倉時代からと言います。

 

鎌倉時代は武士が本格的に政治を始めるようになった時代でもありますが、

これと関係して端午の節句に厄払いとして使われる菖蒲(しょうぶ)が武道・軍事を大切にする武士である尚武(しょうぶ)と同じ読み方であり、尚武の葉先がとがっていて剣に見えることから男の子が誕生したら菖蒲の飾り付けをして成長を祝う行事が行われるようになったと言われています。

 

これが端午の節句に行われるようになり、いつしか端午の節句は男の子の節句として定着するようになったようです。

 

 

端午の節句がもともとは女性の節句だったというのは意外な話でしたね。

今では男の子も女の子もあまり関係のない「こどもの日」となっていますので、過去の歴史から考えてもある意味つじつまは合っている祝日と言えるのかもしれませんね。

 

関連:こどもの日はなぜ5月5日?こいのぼりを立てる理由、由来とは?

 

Sponsored Links

関連記事

しぶんぎ座流星群とは?今度はいつ見れる?見える方角、時間帯について

1月4日はしぶんぎ座流星群が見えるとのことですが、しぶんぎ座流星群はどの方角、時間帯に見えるのでしょ

記事を読む

年賀状を出す意味って何?現代は出す必要がない?

毎年年末になると用意しなければならないのが、年賀状ですが、そもそも年賀状ってどうして出すのでしょう?

記事を読む

三が日はなぜ3日?三が日の意味とは?

1月1日〜3日までのことを三が日と言いますが、三が日ってなぜ3日なのでしょう? 意外とこの

記事を読む

【画像あり】今夜のしぶんぎ座流星群が見れる地域はどこ?

今夜は三大流星群の一つであるしぶんぎ座流星群がありますが、見れる地域はどこなのでしょう? 関連

記事を読む

元旦と元日は意味が違う?正月の期間はいつまで?

年が明けた最初の日のことを言うとき、「元旦」や「元日」という言葉を使うと思いますが、この2つの言

記事を読む

史上最大のダイヤモンド「カリナン」は3106カラット!?その大きさや使い道とは?

アフリカ南部のボツワナで、史上2番目となる1111カラットのダイヤ原石が発見されましたが、史上最大の

記事を読む

2017年のゴールデンウィークの連休は何日間?次の連休はいつある?

2017年のゴールデンウィークが何日間あるか、次の連休はいつあるのか気になったので調べてみま

記事を読む

大晦日(おおみそか)の名前の由来とは?おおつごもりとも読む?晦の意味についても

今年もまもなく終わり大晦日(おおみそか)を迎えますが、大晦日の名前の由来とは何なのでしょうか?

記事を読む

5月29日は幸福の日!その由来や意味とは?

5月29日は「幸福の日」なのだそうですが、その由来や意味とは何なのでしょう? 気になっ

記事を読む

小寒、寒の入りの意味、違いとは?期間はどれくらい?

1月になると小寒、寒の入りという言葉が使われますが、このそれぞれの意味って何なんでしょう?

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • Sponsored Links
  • エスモ

    管理人のエスモです。
    今話題の情報や役立つ情報、個人的に気になる情報などをジャンルを問わずになんでもお届けします。
    ごゆっくりとお楽しみ下さい。

    更新情報をツイッターでお知らせ↓

  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑