健康、美容にいい!?スポーツ選手も取り入れる水素水の驚くべき効果とは?副作用についても

公開日: : 最終更新日:2016/05/20 健康

Sponsored Links

suisosui

最近スポーツ選手も取り入れている人がいるという水素水ですが、水素水の効果とはいったいどのようなものなのでしょう。

水素水を取り入れることによる副作用はあるのかも気になりますよね。

今回はこの水素水の効果、副作用の有無、おすすめの水素水などについてまとめてみました。

sponsored link

水素水とは?

そもそも水素水とは何かといいますと、その名の通り水素が水に溶け込んでいる水のことを言います。

水素水は水なので、無味、無臭、無色です。

厚生労働省からは食品添加物として認可を得ています。

 

水素水の効果

老化、がんの予防につながる!?

水素水の効果の一つとして活性酸素を取り除く働きというのがあります。

活性酸素とは少ないうちは殺菌効果などがあり、体に良い効果をもたらす善玉として働きますが、分解しきれないほど増えると体に悪い影響を与える悪玉活性酸素となってしまいます

強力な悪玉活性酸素は細胞を無差別に攻撃するため老化やがんの原因となってしまいます。

水素水に含まれる水素はこの老化やがんの原因となる悪玉活性酸素のみを除去することができます

 

シミ、くすみの予防にも

活性酸素というのはビタミンCも破壊してしまい、シミやくすみの原因になるとのこと。

先ほども説明したように水素水は活性酸素を取り除く働きがあるので、水素水を摂取することで、シミやくすみの原因となるビタミンCの破壊を防ぐことができます

 

筋肉疲労にもいい

水素水はスポーツ選手も取り入れているとのことですが、その理由に水素を摂ることで運動しても乳酸が溜まらないというデータや筋肉疲労もなくなるという論文が発表されているとのことがあります。

そのため体が疲れやすいという人にも水素水はおすすめです。

 

副作用は?

さて、そんな健康・美容効果に優れた水素水ですが、副作用はあるのでしょうか?

結論から言いますと、基本的に副作用はありません

あったとしてもお腹が少しゆるくなる程度とのこと。

それは水素が悪玉活性酸素のみを除去するためで、大量に摂取したとしても反応しなかった水素は呼吸とともに体の外へ排出されるためです。

 

保存の注意点

水素水を保存する場合は基本的にアルミニウムを使用した容器に保存してください。

その理由として、水素は非常に小さい分子なので、ペットボトルや普通の金属では水素が通り抜けてしまうためです。

アルミニウムは水素を通しにくいため、水素水を販売しているメーカーのほとんどはアルミパウチを採用しています。
※追記

水素水が前にはやった「あの水」であったことが判明しました。

水素水は「あの水」の言い方を変えただけ!?本当に効果はあるの?

Sponsored Links

関連記事

これはわかりやすい!Twitterで話題の「肩こりによく効く体操」とは?詳細なやり方、コツなど

Twitterで漫画家が描いた「肩こりによく効く体操」というのが話題となっていますが、これがとてもわ

記事を読む

座っているだけで死亡する!?エコノミークラス症候群とは?

皆さんはエコノミークラス症候群という病気をご存知でしょうか? この病気はなんと座ってい

記事を読む

咳止めの薬で危篤状態に!?叶美香さんが発症したアナフィラキシーショックとは?原因、症状など

叶美香さんがアナフィラキシーショックを起こして一時危篤状態に陥ったとのことですが、原因はなんとた

記事を読む

花粉症に悩む人に最適!?にわかに注目を集めるアカモクとは?

最近アカモクがにわかに注目を集めています。 なにやら様々な健康効果を持つスーパーフード

記事を読む

美容にもダイエットにもいい!?「オイルおにぎり」の効果やその作り方などについて

みなさんは「オイルおにぎり」をご存知でしょうか? なんでも美容やダイエットにもよくて、

記事を読む

血圧高めの方は「LTP」を含む食品がおすすめ!その効果や主な含有食品などについて

LTPことラクトトリペプチドは、血圧を下げる効果があるとして高血圧の方は注目の成分となっています。

記事を読む

水素水は「あの水」の言い方を変えただけ!?本当に効果はあるの?

以前このブログでも取り上げた「水素水」ですが、その正体はかつてブームが起こった「あの水」の言い方

記事を読む

あさイチ放送事故で話題のひよこ豆!実は美肌やストレス軽減、便秘改善など健康効果たっぷりだった

6月5日にNHKの「あさイチ」にてまさかのハプニングが発生し、話題となっていますが、その話題

記事を読む

認知症の予防と脳の活性化にコグニサイズ!やり方も簡単!

高齢化社会の日本では認知症による徘徊や車の運転ミスなどが問題となっています。 この高齢

記事を読む

漢字が覚えられない、見落とし聞き間違いが多い子におすすめの「コグトレ」とは?

子どもの中には落ち着きがない子や注意力に欠ける子がいたりしますが、たいていの場合は成長すれば改善

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • Sponsored Links
  • エスモ

    管理人のエスモです。
    今話題の情報や役立つ情報、個人的に気になる情報などをジャンルを問わずになんでもお届けします。
    ごゆっくりとお楽しみ下さい。

  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑