5月6日のみずがめ座η(エータ)流星群を肉眼で見るコツについて

公開日: : 豆知識

ゴールデンウィークの期間中である5月6日(土)には「みずがめ座η(エータ)流星群」がありますが、せっかくの流星群ですから見るならなるべく自分の目で直接見たいですよね。

そこで今回は流星群を肉眼で見るためのコツについてまとめてみました^_^

sponsored link

流星群を肉眼で見るコツ

流星群を肉眼で見るコツは大きく分けて5つあります。

1、月が出ていない時間帯に見る

流星群の見やすさはその日の月明かりに大きく影響します。

そのためなるべく月が出ていない時間帯に見るべきなのです。

ただ、月の出、月の入りはその日によってバラバラです。

 

今回のみずがめ座η(エータ)流星群の場合だと

5月5日の13時12分から月が出て

5月6日の1時41分に月が沈むので、

一番見やすくなるのは5月6日の午前2時以降ということになります。

 

 

2、街の明かりの少ない場所で見る

月明かりと同様に街の明かりによっても見にくくなるので

なるべく街の明かりが少ない場所で見るようにしましょう。

流星群は比較的明るいので、街の明かりが多い都市部でも見ようと思えば見れますが、

街の明かりが少ないほうが見つけやすいです。

 

 

3、最低15分は夜空を見て目を慣らす

人間の目は暗いところに慣れるのに少し時間がかかります。

そのため最低でも15分は夜空を見て目を慣らすと流星群が見つけやすくなります。

 

特にみずがめ座η(エータ)流星群は

1時間に平均5つほど流星群があるので

12分に1回見ることができることになります。

 

すぐに見れるとは限らないので

ゆっくり夜の星空を眺めるつもりで見るといいでしょう。

 

 

4、望遠鏡や双眼鏡はむしろ必要ない

夜空を見るので、望遠鏡や双眼鏡が必要だと思われがちですが、

実は流星群に限ってはこれらの道具は必要ありません

 

その理由は流星群は非常に広い範囲で流れるので、

視野を狭くする望遠鏡や双眼鏡は逆に見つけにくくなるのです。

流星群は肉眼で見れる明るさなので、道具を使わずとも見ることができます。

 

 

5、方角は気にしなくていい

流星群には放射点といって流れ始める場所が決まっていますが、

基本的に見る方角は気にしなくてもいいです。

 

理由は流星群は非常に広い範囲で流れるため方角に関係なく見ることができるからです。

方角よりも大事なのは視野が広く取れるひらけた場所で見ることです。

こちらのほうが方角を気にするよりも流星群を見つけやすくなります。

一応みずがめ座η(エータ)流星群は南東辺りが放射点となっています。

 

 

以上が肉眼で見るときのコツになります。

他の注意点としては天気が悪いと見えないという点夜は冷え込むので、寒さ対策はしっかりしておくということです。

 

観測できる時期の天候やみずがめ座η(エータ)流星群の詳細については以下の記事でまとめていますので参考にどうぞ^_^

みずがめ座η(エータ)流星群2017!見頃の時間帯や方角、見れる地域など

 

Sponsored Links

関連記事

「ピンクムーン」とは?ピンクの月が見えるわけではない?

※画像は加工したものです 4月22日の夜は「ピンクムーン」が見えるとのことですが、ピンクムーン

記事を読む

36万ベクレルはシーベルトに換算するとどれくらい?実際に計算してみた

6月8日、茨城県大洗町の原子力研究開発機構「大洗研究開発センター」にて作業員被ばく事故が発生

記事を読む

6月27日はちらし寿司の日!五目寿司、ばら寿司との違いとは?

6月27日はちらし寿司の日なのだそうですが、その由来とは何なのでしょう? 五目寿司、ば

記事を読む

午前・午後を表すAM・PMはラテン語が略されたものだった!?

時間を表すときによくAM・PMという言葉が使われますよね? 普段何も意識せずに見ていること

記事を読む

【動画あり】目撃情報相次ぐ「火球」とは?隕石の可能性もある?

最近宮城県仙台市にて「火球」の目撃情報が相次いでいますが、そもそも火球っていったいなんのことなんでし

記事を読む

エルニーニョの代わりに発生率高まるラニーニャ現象とは?その仕組みや日本への影響など

気象庁は今月11日、世界的な異常気象の原因とされる「エルニーニョ現象」が6月までに収まる可能性が高い

記事を読む

立冬はいつある?日付はどのようにして決まる?意味や名前の由来なども

「立冬」という言葉がありますが、これはいつあるのかご存知でしょうか? その日付は毎年変わる

記事を読む

台風◯号の決め方とは?発生するのはいつ頃が多い?

最近しばらく雨が続きますよね〜 台風も発生しているんだとか...  

記事を読む

一粒万倍日とは?その意味や決め方、やってはいけないことなど

日本の暦には一粒万倍日というのがありますが、これはいったいどういう意味なのでしょう?

記事を読む

中国の祝日「国慶節」は7連休もある!?その由来は?日本への影響とは?

中国の祝日には「国慶節」というものがありますが、この祝日はなんでも中国の祝日ではかなり多い7連休

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • Sponsored Links
  • エスモ

    管理人のエスモです。
    今話題の情報や役立つ情報、個人的に気になる情報などをジャンルを問わずになんでもお届けします。
    ごゆっくりとお楽しみ下さい。

    更新情報をツイッターでお知らせ↓

  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑