三が日はなぜ3日?三が日の意味とは?

公開日: : 豆知識

sannganichi-1

1月1日〜3日までのことを三が日と言いますが、三が日ってなぜ3日なのでしょう?

意外とこの三が日の意味ってよくわかりませんよね^^;

そこで今回はこの三が日の意味について調べてみることにしました^_^

sponsored link

三が日とは?

三が日とは、正月の最初の3日間である1月1日〜3日のことを言います。

正しくは正月三が日と言うようですが、単に三が日と呼ばれることが多いです。

 

三が日の間は日本の官公庁や多くの企業が休みとなっています。

労働基準法では、国民の祝日と同じ法定外休日として扱われています。

もちろん例外もあって、大手の小売業者やサービス業などは三が日でも休日とならないことが多いです。

初売りも1月2日や3日からというところもよく見かけますからね。

なお、三が日を過ぎた1月4日からは平日扱いとなります。

 

三が日はなぜ3日?

では三が日はなぜ3日なのでしょう?

この理由について調べてみたところはっきりとした理由は見つかりませんでした^^;

ただ、いくつかそれらしい理由が見つかりましたので、推測ですがまとめてみました。

 

1.1月3日に元始祭があるから

個人的にこれが有力なのではと思います。

1月3日は、宮中祭祀のひとつである元始祭があります。

この祭祀は天皇が宮中三殿においてみずから主宰する「親祭」となっており、皇位の元始を祝う儀式のことを言います。

この日はもともと1874年から「年中祭日祝日ノ休暇日ヲ定ム」および「休日ニ関スル件」により祝祭日(休日)となっていて、1948年まで元始祭という名前の休日でした。

このことからこの祭祀までの三日間を休みとして三が日となったものだと思います。

 

2.日本人は「三」という数字が好きだから

単純に「三」という数字を好きだから(縁起がいいから)ということも理由として考えられます。

というのも日本人はよく三という字を使います。

三大◯◯や御三家、三人娘のような感じで、よく3つでくくられることが多いです。

ことわざでも「早起きは三文の得」だとか「石の上にも三年」とか「三度目の正直」など三が使われることが多いですからね。

 

では日本人はなぜ三を好むのかと言いますと、中国の陰陽思想が影響されたものと考えられています。

陰陽思想では奇数が陽として縁起がいい数字となり、偶数が陰として嫌われる数字でありました。

つまり1、3、5…などの数字は縁起がいいものとして捉えられ、よく使われるようになったのです。

そのため1年の最初の3日間という縁起がいい期間を三が日という祝日にしたのかもしれません。

 

以上のことが三が日が3日である理由だと思われます。

あくまでも推測ですが、参考になれば幸いです^_^

 

Sponsored Links

関連記事

八十八夜はいつ?その意味や由来とは?

この時期になると八十八夜という言葉を見かけますが、この八十八夜とは一体いつのことを言うのでしょう

記事を読む

手当ての言葉の由来からわかる人間の身体の不思議な力とは?

ケガをしたときに手当てをするという言葉を使うと思いますが、この手当てをするという言葉の由来は人間

記事を読む

節分になぜ恵方巻きを食べる?方角の意味や由来についても

2月3日は節分の日ですが、節分にはなぜ恵方巻きを食べるのでしょう? 恵方巻きの方角の意味や

記事を読む

父の日は海外だといつある?そのユニークな由来とは?

父の日は日本では毎年6月の第3日曜日にありますが、海外はどうなのでしょう? その由来や日付

記事を読む

世界一きれいな湖「バイカル湖」には船が消える悪魔のクレーターがある!?25万人もの人々が亡くなった悲劇との関係とは?

ロシアにある「バイカル湖」という湖は世界一の透明度を誇る非常にきれいな湖でもありますが、この湖に

記事を読む

知っておいて損はない雑学!雨はどこから落下したかによって名称が異なる

知っておいて損はない雑学! 雨はどこから落下したかによって名称が異なるのだそうです。

記事を読む

2017年の天赦日は6回ある!ただし凶日と重ならないのは3回だけ

最上の吉日と言われる「天赦日」は毎年5〜6回あると言われていますが、2017年は6回あります。

記事を読む

しし座流星群とは?今度はいつある?見える方角、時間帯などについて

今夜はしし座流星群があるとのことですが、しし座流星群はどの方角、時間帯に見えるのでしょう? 今

記事を読む

年に5〜6回のとても縁起がいい「天赦日」とは?2016年はいつある?

みなさんは「天赦日」という日をごぞんじでしょうか? なんでもこの日は年に5〜6回しかなく、

記事を読む

日本の光化学スモッグはどれくらい危険?中国との比較は?

日差しが強い時期になってくると光化学スモッグというものをよく見かけるようになりますが、日本の光化

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • Sponsored Links
  • エスモ

    管理人のエスモです。
    今話題の情報や役立つ情報、個人的に気になる情報などをジャンルを問わずになんでもお届けします。
    ごゆっくりとお楽しみ下さい。

    更新情報をツイッターでお知らせ↓

  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑