史上最大のダイヤモンド「カリナン」は3106カラット!?その大きさや使い道とは?

公開日: : 豆知識

アフリカ南部のボツワナで、史上2番目となる1111カラットのダイヤ原石が発見されましたが、史上最大のダイヤはその約3倍となる3106カラットだったそうです。

今回はそのダイヤの大きさや気になる使い道などについてまとめてみました。

sponsored link

世紀最大のダイヤ「カリナン」とは?

Cullinan diamond-1

3106カラットという世紀最大のダイヤ1905年に南アフリカのカリナン鉱山で発見されました。

このダイヤには「カリナン」という名称がついていますが、これは鉱山の所有者サー・トーマス・カリナンの名前にちなんで命名されました。

3106カラットはグラムにすると621.1gで、500mlのペットボトル以上の重さを持つダイヤということになります。

カリナンの大きさは高さ11cm、幅5cm、奥行き6cmで、一般的な500mlのペットボトルの高さ21cm、胴径6.8cmなので、ペットボトルの約半分くらいのサイズのようです。

Cullinan diamond-2

だいたいこれくらいの大きさ?

実際にサイズを比較してみますと、ダイヤモンドにしてはかなりの大きさになりますね。

こんなサイズのダイヤモンドがついたアクセサリなんて普通は売っていないですからね笑

 

カリナンの使い道は?

こんなにまで大きなサイズのカリナンは、まず9つの大きな石と96個の小さな石に切り出されました

この9つの石にはカリナンIからIXの名前が与えられ全てイギリス王室か王族個人の所有物となったとのことです。

Cullinan Diamond-3

カリナンI〜IXのガラスのレプリカ

しかし、アフリカで発見されたのにどうしてイギリス王室の所有物となったかと言いますと、「カリナン」が発見されたトランスヴァール共和国の政府がイギリス国王エドワード7世の誕生日に贈ったためです。

これはトランスヴァール共和国はもともとイギリスの植民地であり、鉱山を所有していたトーマス・カリナン氏はイギリス人だったことが関係していると考えられています。

 

カリナンの中で最も大きい「カリナンI」は530カラットで、「偉大なアフリカの星 (The Great Star of Africa)」と呼ばれており、ロンドン塔に永久展示されています。

 

ちなみにダイヤモンドは地球上で最も硬い鉱物であることはよく知られていますが、同時にある一点をつくと簡単に砕けるへき開性という性質もあります。この一点をついてしまうと巨大なダイヤモンドも一瞬でバラバラになります。

このような難易度の高さから「カリナン」をカットした技師はカットに成功したとき極度の緊張で失神してしまったと言われています。

それほどまでにダイヤモンドのカットというものは難しいようです。

 

 

今回発見された1111カラットのダイヤモンドはどのように使われるのか、どのようにカットされるのか、そしてカットは成功するのか非常に気になるものです。

 

Sponsored Links

関連記事

立冬はいつある?日付はどのようにして決まる?意味や名前の由来なども

「立冬」という言葉がありますが、これはいつあるのかご存知でしょうか? その日付は毎年変わる

記事を読む

2017年の天赦日は6回ある!ただし凶日と重ならないのは3回だけ

最上の吉日と言われる「天赦日」は毎年5〜6回あると言われていますが、2017年は6回あります。

記事を読む

5月4日のみどりの日は自然の緑と全く関係がない?知られざるその由来とは?

ゴールデンウィークの祝日の一つに「みどりの日」がありますが、5月4日における「みどりの日」は

記事を読む

6月27日はちらし寿司の日!五目寿司、ばら寿司との違いとは?

6月27日はちらし寿司の日なのだそうですが、その由来とは何なのでしょう? 五目寿司、ば

記事を読む

手当ての言葉の由来からわかる人間の身体の不思議な力とは?

ケガをしたときに手当てをするという言葉を使うと思いますが、この手当てをするという言葉の由来は人間

記事を読む

5月29日は幸福の日!その由来や意味とは?

5月29日は「幸福の日」なのだそうですが、その由来や意味とは何なのでしょう? 気になっ

記事を読む

しぶんぎ座流星群とは?今度はいつ見れる?見える方角、時間帯について

1月4日はしぶんぎ座流星群が見えるとのことですが、しぶんぎ座流星群はどの方角、時間帯に見えるのでしょ

記事を読む

自称未来人が警告!?南海トラフ地震とは?いつどこで何が起こる?

2016年4月14日、熊本県で震度7を観測する地震が起こりましたが、今後この地震よりも規模の大きい「

記事を読む

エイプリルフールで嘘をついていいのは午前中だけ!?その起源とは?

4月1日はエイプリルフールという嘘をついてもいい日というのは広く知られていますが、嘘をついていい

記事を読む

花火の日が5月28日と8月1日の2つあるのはなぜ?その理由や由来とは?

「花火の日」は5月28日と8月1日があるそうなのですが、その理由とは何なのでしょう。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • Sponsored Links
  • エスモ

    管理人のエスモです。
    今話題の情報や役立つ情報、個人的に気になる情報などをジャンルを問わずになんでもお届けします。
    ごゆっくりとお楽しみ下さい。

    更新情報をツイッターでお知らせ↓

  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑