節分になぜ恵方巻きを食べる?方角の意味や由来についても

公開日: : 豆知識

ehoumaki-1

2月3日は節分の日ですが、節分にはなぜ恵方巻きを食べるのでしょう?

恵方巻きの方角の意味や由来などとともにまとめてみました。

sponsored link

節分とは?

節分とは字に書いてあるように「季節を分ける」日のことを言います。

本来は各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のことを指していましたが、江戸時代以降は立春の前日のことを主に指すようです。

節分には「鬼は外、福は内」と言いながら豆まきを行いますが、これは季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられていて、悪霊払いの行事として行われたことが由来だそうです。

 

恵方巻きの意味や由来は?

節分には豆まきのほかに恵方巻きを食べるという習慣がありますが、こちらの由来はなんでしょう?

 

もともとは大阪が発祥のようで、節分に太巻き(巻き寿司)を食べると縁起が良いとされたことが始まりのようです。

その後、太巻きを節分の夜にその年の「恵方」に向かって無言で、願い事を思い浮かべながら丸かじりするのが習わしとされたとのこと。

このときに向く方角「恵方」というのはその年の福を司るという歳徳神(としとくじん)という神様がいる方角だそうで、この方角を向いて事を行えば万事が吉となるとも言われています。

 

ちなみに「恵方巻き」という名前の由来はなんとセブンイレブンから1998年に発売された「丸かぶり寿司 恵方巻」からきているそうです。

恵方巻きという名前は意外に最近付いた名前だったんですね。しかも名前を付けたのがセブンイレブンという^^;

 

2016年の恵方は「丙」の方位、つまり「南南東」になります。

恵方巻きを食べる人は習わしを思い出して、この方角を向きながら食べるといいことがあるでしょう^_^

Sponsored Links

関連記事

4月10日は駅弁の日!その由来や開催イベントなどについて

4月10日は駅弁の日だそうです。 その由来や開催しているイベントなどが気になったので、今回

記事を読む

知ってた?「けりをつける」の意外な由来とは?

「けりをつける」という言葉がありますよね? これは決着をつける、物事を終わらせるなどという

記事を読む

大学入学前や就職前の一年間は自由!?海外のギャップイヤーの詳細とその効果とは?

海外では、大学入学前や就職前に一年間ほど自由な期間を設けるギャップイヤーという制度があります

記事を読む

元旦と元日は意味が違う?正月の期間はいつまで?

年が明けた最初の日のことを言うとき、「元旦」や「元日」という言葉を使うと思いますが、この2つの言

記事を読む

知っておいて損はない雑学!雨はどこから落下したかによって名称が異なる

知っておいて損はない雑学! 雨はどこから落下したかによって名称が異なるのだそうです。

記事を読む

2017年の天赦日は6回ある!ただし凶日と重ならないのは3回だけ

最上の吉日と言われる「天赦日」は毎年5〜6回あると言われていますが、2017年は6回あります。

記事を読む

5月6日のみずがめ座η(エータ)流星群を肉眼で見るコツについて

ゴールデンウィークの期間中である5月6日(土)には「みずがめ座η(エータ)流星群」がありますが、

記事を読む

夏至の月は一年で最も赤く見えやすい?その理由とは?

夏至は昼の時間が1年で一番長い日であることはよく知られていますが、実は月の色が最も赤く見えやすい

記事を読む

黄砂とはどんな現象?人体への影響や発生時期などについて

最近、テレビなどで黄砂という現象をよく見かけますが、これはどういった現象なのでしょう。 今

記事を読む

6月20日はペパーミントの日!その意味や由来、ペパーミントの効果効能など

6月20日はペパーミントの日なのだそうですが、その意味や由来とは何なのでしょう? ペパ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • Sponsored Links
  • エスモ

    管理人のエスモです。
    今話題の情報や役立つ情報、個人的に気になる情報などをジャンルを問わずになんでもお届けします。
    ごゆっくりとお楽しみ下さい。

    更新情報をツイッターでお知らせ↓

  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑