中国のPM2.5が深刻過ぎる!?日本への影響とは?身体への影響についても

公開日: : 豆知識

PM2.5-s

今年の12月はじめ頃に中国・北京でPM2.5の汚染指数が最悪レベルの「危険」(301〜500)を超える600前後という非常に深刻な数値を記録しましたが、中国のPM2.5が日本にどれくらい影響を及ぼすのでしょう?

今回はその詳細やPM2.5による身体への影響、対策方法などについてまとめてみました。

sponsored link

PM2.5とは?

PM2.5-1

PM2.5とは直径2.5μm(1μm=1mmの1000分の1)以下の非常に小さな粒子のことで、「Particulate Matter(粒子状物質)」の頭文字と直径の大きさが2.5μmであることから「PM2.5」と呼ばれています。

成分は炭素成分、硝酸塩、硫酸塩、アンモニウム塩、ケイ素、ナトリウム、アルミニウムなどの無機元素で、

主な発生源は自動車、船舶、航空機、工場や火力発電所となっています。

発生する原因は燃料の燃焼により、直接発生したり、同時に排出される硫黄酸化物、窒素酸化物などが光やオゾンと反応することでPM2.5が生成します。

 

身体への影響とは?

PM2.5-5

PM2.5は非常に小さい粒子であるため、肺の奥深くまで入り込む恐れがあります。

その結果、主に肺などの呼吸器系へ悪影響を与えます。

 

PM2.5の主な症状は以下の通りです。

  • 目のかゆみ・充血
  • くしゃみ
  • のどのかゆみ・違和感・痛み
  • せきが止まらない
  • 気分が悪くなる

 

特に症状が深刻になるとぜんそくや気管支炎、肺がんなどを引き起こします。

 

日本への影響は?

中国のPM2.5が深刻になると心配なのが、日本への影響です。

 

実際に中国と日本(福岡市)のPM2.5の濃度を比較したのがこちらです。

PM2.5-3

日本のPM2.5の濃度がかすんで見えるくらい中国のPm2.5の濃度が異常に高いことがわかります。

このグラフをみると中国でPM2.5の濃度が高くなった数日後に日本のPM2.5の濃度がわずかに上がっていることがわかります。

このことから少なからず中国から影響を受けているものと思われますが、中国ほど深刻ではないようです。

 

ちなみに日本の環境省におけるPM2.5の暫定的な指針がこちら

PM2.5-4

グラフを見る限りだと日本のPM2.5の濃度は50を下回っているので、 身体への影響はそれほどないものと思われます。

この基準で中国を見てみますと、最大で450を超えているので、外出時の運動どころか外出そのものを禁じなくてはならないほど深刻であることがわかります。

 

上のグラフはあくまで2014年1月頃のものなので、最近はどうかはわかりませんが、日本のPM2.5の濃度を見て見る限り、中国の影響はあるとしても、健康に害を及ぼすほどの影響はそれほどないものと思われます。

 

Sponsored Links

関連記事

年賀状を出す意味って何?現代は出す必要がない?

毎年年末になると用意しなければならないのが、年賀状ですが、そもそも年賀状ってどうして出すのでしょう?

記事を読む

日本の光化学スモッグはどれくらい危険?中国との比較は?

日差しが強い時期になってくると光化学スモッグというものをよく見かけるようになりますが、日本の光化

記事を読む

36万ベクレルはシーベルトに換算するとどれくらい?実際に計算してみた

6月8日、茨城県大洗町の原子力研究開発機構「大洗研究開発センター」にて作業員被ばく事故が発生

記事を読む

6月6日はロールケーキの日!他にも同じ日がある?その由来とは?

6月6日はロールケーキの日だそうですが、その由来とはなんなのでしょう? 他にも同じロールケ

記事を読む

B級グルメのBってどんな意味?B-1グランプリのBとは意味が違う?

B級グルメって美味しいですよね。 安くて美味しいってところが最高ですね。 毎年B-1

記事を読む

6月1日はチューインガムの日!その由来や意味とは?

6月1日はチューインガムの日ですが、なぜこの日なのでしょう? その由来や意味などが気になっ

記事を読む

知ってた?「けりをつける」の意外な由来とは?

「けりをつける」という言葉がありますよね? これは決着をつける、物事を終わらせるなどという

記事を読む

花火の日が5月28日と8月1日の2つあるのはなぜ?その理由や由来とは?

「花火の日」は5月28日と8月1日があるそうなのですが、その理由とは何なのでしょう。

記事を読む

【4月14日】バレンタイン、ホワイトデーに続くブラックデーがある?その意味や由来とは?

2月14日はバレンタインデーで、一ヶ月後の3月14日はホワイトデーであることは今や日本では当たり

記事を読む

「ピンクムーン」とは?ピンクの月が見えるわけではない?

※画像は加工したものです 4月22日の夜は「ピンクムーン」が見えるとのことですが、ピンクムーン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • Sponsored Links
  • エスモ

    管理人のエスモです。
    今話題の情報や役立つ情報、個人的に気になる情報などをジャンルを問わずになんでもお届けします。
    ごゆっくりとお楽しみ下さい。

    更新情報をツイッターでお知らせ↓

  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑