【動画あり】目撃情報相次ぐ「火球」とは?隕石の可能性もある?

公開日: : 豆知識

最近宮城県仙台市にて「火球」の目撃情報が相次いでいますが、そもそも火球っていったいなんのことなんでしょう。

今回はその詳細や隕石との違い、実際の動画などをまとめてみました。

sponsored link

火球とは?

火球とは、国際天文学連合 (IAU) では、「どの惑星よりも明るい(-4等級より明るい)流星」であると定義されています。

わかりやすく言うととにかく明るい流れ星のことをいいます。

どれくらい明るいのかと言いますと以下の画像のような明るさです。

kakyuu-2

実際その定義はあいまいなようで、見た人が明るい流れ星だと思えば、それが火球であるとも言えるのだそう。

 

隕石が降ってきたときに見える?

火球は、彗星のちりが光る現象である普通の流れ星よりも大きな小惑星に近い大きさであることが多いそうです。

そのため隕石として地表に落下してくる場合もあるそう。

以前にロシアでは巨大な火球が見えたあと、実際に落下し、衝撃波で周辺のガラスが割れるなど大きな被害を与えたケースもありました。

そのときの動画がこちらです。

ただ、こうなることは世界的に見ても稀で、普通はそこまで被害を与えないことが多いようです。

天文台によれば、火球は月に一回程度は見られるとのことで、意外と珍しい現象ではないとのことです。

 

Sponsored Links

関連記事

中国のPM2.5が深刻過ぎる!?日本への影響とは?身体への影響についても

今年の12月はじめ頃に中国・北京でPM2.5の汚染指数が最悪レベルの「危険」(301〜500)を

記事を読む

大晦日(おおみそか)の名前の由来とは?おおつごもりとも読む?晦の意味についても

今年もまもなく終わり大晦日(おおみそか)を迎えますが、大晦日の名前の由来とは何なのでしょうか?

記事を読む

年賀状を出す意味って何?現代は出す必要がない?

毎年年末になると用意しなければならないのが、年賀状ですが、そもそも年賀状ってどうして出すのでしょう?

記事を読む

日本の光化学スモッグはどれくらい危険?中国との比較は?

日差しが強い時期になってくると光化学スモッグというものをよく見かけるようになりますが、日本の光化

記事を読む

2017年こと座流星群の見える方角や時間帯は?次はいつ見れる?

4月になると見ることができる「4月こと座流星群」というのがありますが、2017年は具体的にど

記事を読む

もしもの時のために…テロに巻き込まれたらすべきこと、まず「逃げる」

11月13日にイスラム国によるパリ同時多発テロが発生し、イスラム国の攻撃対象に日本も含まれている

記事を読む

3月29日はマリモの日!お土産マリモは人の手で作られている!?

本日3月29日は「マリモの日」と呼ばれているのですが、マリモに関する意外な情報が判明したので

記事を読む

「ピンクムーン」とは?ピンクの月が見えるわけではない?

※画像は加工したものです 4月22日の夜は「ピンクムーン」が見えるとのことですが、ピンクムーン

記事を読む

エイプリルフールで嘘をついていいのは午前中だけ!?その起源とは?

4月1日はエイプリルフールという嘘をついてもいい日というのは広く知られていますが、嘘をついていい

記事を読む

2017年の天赦日は6回ある!ただし凶日と重ならないのは3回だけ

最上の吉日と言われる「天赦日」は毎年5〜6回あると言われていますが、2017年は6回あります。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • Sponsored Links
  • エスモ

    管理人のエスモです。
    今話題の情報や役立つ情報、個人的に気になる情報などをジャンルを問わずになんでもお届けします。
    ごゆっくりとお楽しみ下さい。

  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑