水素水は「あの水」の言い方を変えただけ!?本当に効果はあるの?

公開日: : 健康

suisosui-2

以前このブログでも取り上げた「水素水」ですが、その正体はかつてブームが起こった「あの水」の言い方を変えただけだったことがわかりました。

今回はその水素水の正体と実際に効果があるのかという点などについてまとめてみました。

sponsored link

水素水の正体とは?

最近話題の「水素水」、その正体は一体なんなのかと言いますと、

それは電解還元水、つまり「アルカリイオン水」のことだとのこと。

アルカリイオン水は一時期健康に良い水として、人気だった水のことですが、これが今「水素水」に名前を変え、再び注目されているのです。

そもそもアルカリイオン水は水素と酸素でできている水を電気分解するとできる水素を多く含む電解水のことを言うようですが、これはつまり水素水と同じわけなのです。

 

なぜ最近注目されるように?

ではなぜ今再び「水素水」として注目されるようになったのかと言いますと、平成19年に日本医科大学の太田成男教授の「水素ガスが有害な活性酸素を効率よく除去する」とされる論文が発表されたことがきっかけだとされています。

活性酸素は細胞や遺伝子などを攻撃し、老化の原因になるものだと言われています。

これを水素ガスで除去できるという論文が発表されたことで、水素に注目が集まり、水素をうたう水素水のような製品が多く登場したそうです。

 

実際に効果はあるの?

水素水の効果は以前の記事でもまとめましたが、

老化、がんなどの予防シミ・くすみの予防筋肉疲労の回復などがうたわていますが、実際の効果はよくわからないのだそう。

実際、市販の水素水は水素濃度が低すぎる上に、飲んだ後は胃の中で消えてしまうことが多く、血液にたどり着いたとしても本当にこのような効果があるのかはっきりとした研究成果が出ていないそうなのです。

そのため水素水の効果はあくまでも商品の宣伝として言われているもので、実際の効果は期待できない可能性が高そうです。

 

Sponsored Links

関連記事

認知症の予防と脳の活性化にコグニサイズ!やり方も簡単!

高齢化社会の日本では認知症による徘徊や車の運転ミスなどが問題となっています。 この高齢

記事を読む

西田敏行が発症した胆のう炎とは?日本人の10〜15%が持つ胆石が主な原因!?

西田敏行さんが頚椎亜脱臼に続き、胆のう炎にも発症したことが判明しましたが、この胆のう炎とはどのよ

記事を読む

健康、美容にいい!?スポーツ選手も取り入れる水素水の驚くべき効果とは?副作用についても

最近スポーツ選手も取り入れている人がいるという水素水ですが、水素水の効果とはいったいどのようなも

記事を読む

血圧高めの方は「LTP」を含む食品がおすすめ!その効果や主な含有食品などについて

LTPことラクトトリペプチドは、血圧を下げる効果があるとして高血圧の方は注目の成分となっています。

記事を読む

座っているだけで死亡する!?エコノミークラス症候群とは?

皆さんはエコノミークラス症候群という病気をご存知でしょうか? この病気はなんと座ってい

記事を読む

亀田大毅が引退するきっかけとなった網膜剥離とは?その原因や症状などについて

亀田大毅さんが引退を発表しましたが、その理由は左目の網膜剥離による視力低下によるものとのことでし

記事を読む

世界で広がるエンテロウイルスとは?その症状や予防法、感染経路などについて

今、世界各地でエンテロウイルスというあまり聞き慣れないウイルスが感染を広げています。 このウイ

記事を読む

漢字が覚えられない、見落とし聞き間違いが多い子におすすめの「コグトレ」とは?

子どもの中には落ち着きがない子や注意力に欠ける子がいたりしますが、たいていの場合は成長すれば改善

記事を読む

川島なお美さんが亡くなった原因「肝内胆管がん」とは?かなり進行しないと症状が出ない!?

9月24日、川島なお美さん(53歳)が肝内胆管がんのため亡くなりました。 川島なお美さ

記事を読む

安倍首相もハマってる「4-7-8呼吸法」とは?1分で眠くなる?その方法と効果について

最近「4-7-8呼吸法」というのが話題となっていますが、これはいったいどういった呼吸法なので

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • Sponsored Links
  • エスモ

    管理人のエスモです。
    今話題の情報や役立つ情報、個人的に気になる情報などをジャンルを問わずになんでもお届けします。
    ごゆっくりとお楽しみ下さい。

    更新情報をツイッターでお知らせ↓

  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑