最上級調味料「淡路島ソース」とは?その味や使い方とは?

公開日: : 話題

3月25日にサタデープラスにて最上級調味料として「淡路島ソース」が紹介されました。

今回はこの詳細についてまとめてみました。

sponsored link

淡路島ソースとは?

淡路島ソースとは、淡路島名産の玉ねぎ、鳴門オレンジ、タモギ茸に地元の醤油、味噌、酢をふんだんに使ったうまみたっぷりで甘さと醤油がきいた和風味の万能玉ねぎソースのことです。

ソースでありながらもドレッシングのような味わいとなっています。

最上級と呼ばれるポイントはその食材にあります。

淡路島産の淡路玉ねぎ

淡路島の特産品である淡路玉ねぎは通常の玉ねぎよりも甘みが強く、やわらかいのが特徴です。これをすりつぶしてじっくり手で混ぜることで甘さが増します。

鳴門オレンジ

生産量が非常に少なく、市場に出回らない「幻のオレンジ」と言われる鳴門オレンジを使用しています。甘さの中にほろ苦さを感じる希少なオレンジです。

たもぎ茸

高級食材として料理店などでも使用されるたもぎ茸を使用しています。黄色い色が特徴で、アミノ酸や食物繊維、旨味成分などが豊富に含まれています。

 

使い方は?

・サラダのドレッシングに

淡路玉ねぎの甘みとドレッシングのような味わいからサラダのドレッシングに最適です。

・焼きうどんに

醤油の代わりに淡路島ソースを加えることで、あっさりとした味わいとなります。

・たこ焼きに

淡路島のたこ焼きに淡路島ソースを加えることで、互いの味を引き立てます。

・焼き玉ねぎに

1.5cmほどに輪切りした玉ねぎをホットプレートで焼き、ソースを加えることで玉ねぎの甘さをさらに引き立てます。

この他にもハンバーグやコロッケ・トンカツのソースとして使っても美味しいです。

 

淡路島ソースはネットから購入できます。

 

Sponsored Links

関連記事

ザハ氏はなぜ新国立A案のデザインを訴えたのか?内部構造がザハ氏のデザインにそっくり?

新国立競技場のデザインが建築家の隈研吾氏によるA案に決定しましたが、またしても問題が発生しました

記事を読む

五輪エンブレムA案の「市松模様」とは?なぜ藍色?葬式に見えるという話も

2020年東京オリンピックのエンブレムがA案に決定し、一般アンケートと食い違う結果で「出来レース

記事を読む

【画像】ストロベリームーンはピンクムーンとは違い色がある!?その理由や由来など

6月9日の夜にはストロベリームーンが見れると話題ですが、その由来とはなんでしょう? ピンク

記事を読む

【閲覧注意】ががばばとは?Yahoo!で検索すると恐ろしいことに!?がばばばと誤入力する人も

今、ネットで話題となっている「ががばば」という言葉、これは一体何なのでしょう? 実はこの言葉を

記事を読む

トランプ氏による謎の単語「covfefe」の真の意味とは?

トランプ氏がTwitterで「covfefe」という謎の単語を発したことで話題となっています

記事を読む

偶然か運命か!?5月13日に第3次世界大戦勃発の予言と北九州M7の大地震の予測が一致している件

「5月13日」 この日はなんてことはない普通の日ですが、もしかすると2017年のこの日はとんで

記事を読む

5月31日は火星が地球に最接近!!見える方角や期間は?次に最接近するのはいつ?

2016年5月31日は過去11年で最も近い距離まで火星が地球に最接近すると話題になっています。

記事を読む

三重県伊勢市のお土産「ササササササササササ中」とは?読み方や名前、デザインの由来について

三重県伊勢市のお土産には「ササササササササササ中」というものがあるのですが、この読み方をご存知で

記事を読む

【画像あり】ウロコ一枚一枚にまでこだわりが!?リアルすぎる「金魚バッグ」が話題に!

今、ひそかに「金魚バッグ」が注目されていますが、注目されているのはただの「金魚バッグ」ではありません

記事を読む

簡単に作れるのに頑丈かつ快適な「段ボールベット」とは?その特徴や期待できる効果について

熊本地震による避難生活で、車の中で長時間過ごしたことによるエコノミークラス症候群の対策として段ボール

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • Sponsored Links
  • エスモ

    管理人のエスモです。
    今話題の情報や役立つ情報、個人的に気になる情報などをジャンルを問わずになんでもお届けします。
    ごゆっくりとお楽しみ下さい。

  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑