マクドナルドの「クォーターパウンダー」はなぜ販売終了?その理由や販売の歴史について

公開日: : 話題

マクドナルドより「クォーターパウンダー」を4月4日にも販売終了することが突然発表されましたが、いったいなぜ終了することになったのでしょう?

今回のその詳細についてこれまでのクォーターパウンダー販売の歴史とともに詳しく調べてみることにしました。

sponsored link

クォーターパウンダーとは?

クォーターパウンダーとは、「1/4ポンド(113.4g)のバーガーパティを使ったハンバーガー」という意味で1/4がクォーター、ポンドがパウンドと呼ばれることが由来となっています。

特徴はバンズからはみ出るバーガーパティを使用しているところで、それに加え、チーズ・ピクルス・スライスオニオンが添えられたボリュームたっぷりな食べ応えのあるハンバーガーとなっています。

日本では「クォーターパウンダー・チーズ」と「ダブルクォーターパウンダー・チーズ」の2種類が販売されています。

 

クォーターパウンダー販売の歴史

日本では1978年4月にクォーターパウンダー、チーズクォーターパウンダーが初めて発売されました。

しかし、1983年5月にダブルバーガー、ダブルチーズバーガー発売された代わりに正式メニューから姿を消すことに。その後は一部店舗で季節限定メニューとして何度か発売されました。

本格的に全国的に発売されるようになったのは2009年4月28日のことで、以後正式メニューとして再び定着するようになります。

そして今回の2017年4月4日をもって販売が終了されることになります。

 

なぜ販売終了することになったのか?

販売終了に至った原因は今年1月に行われたマクドナルト総選挙の結果が影響していると言われています。

この投票で、クォーターパウンダー・チーズとダブルクォーターパウンダー・チーズはAブロックの6品中それぞれ5位、6位とワースト1、2の結果となっています。全商品の中でも200円のお手頃マックを除く定番メニューの中でクォーターパウンダー・チーズが最下位という結果でした。

総選挙で最下位のバベポが販売終了となっていることからもこの影響は少なからずあるものと思われます。

 

突然の販売終了は悲しいですが、これまでのクォーターパウンダーの販売の歴史から考えてみますと、何度か廃止されたり、季節限定メニューとして復活したりしているので、もしかすると再び登場することが期待できるかもしれませんね。

 

Sponsored Links

関連記事

TOKIOが捕まえたラブカは地震の前兆?5月の九州地震の予測との関連は?

5月13日、あの人気アイドルグループのTOKIOが非常に珍しい深海サメ「ラブカ」を捕まえたことで

記事を読む

簡単に作れるのに頑丈かつ快適な「段ボールベット」とは?その特徴や期待できる効果について

熊本地震による避難生活で、車の中で長時間過ごしたことによるエコノミークラス症候群の対策として段ボール

記事を読む

【エイプリルフール】2017年のGoogleマップはパックマンがプレイできる!?

今年も様々な企業が盛り上がりを見せるエイプリルフールがやってきましたが、毎回ユニークなエイプリルフー

記事を読む

新紙幣のデザインはダサい?ネットの評判は?旧紙幣とのデザイン比較も

政府は4月9日、1万円と5千円、千円の紙幣のデザインを刷新すると発表し、同時にそのイメージ画像も公開

記事を読む

【動画あり】サザエさんフネ役の声優が寺内よりえさんに変更!意外と違和感ないと話題に!今までにも声優変更があった?

あの国民的アニメ「サザエさん」の磯野フネ役の声優が麻生美代子さんから寺内よりえさんに変更されましたが

記事を読む

トトロに見えると話題の長崎の「トトロ岩」よりもトトロに見える岩が石川県にあった件について

今、長崎県新上五島町にある岩山が、某人気キャラ「トトロ」にそっくりと話題となっていますが、それよりも

記事を読む

【動画あり】チバットマンの正体は?ゆるキャラなのか?イギリスBBCでも取り上げられる!?

  今何かと話題になっている「千葉ットマン」。 そのクオリティが高すぎるということで人気を集

記事を読む

東京五輪エンブレムは本当にパクリだったのか?使用中止となった理由とは?

デザインの盗用疑惑で話題を集めている2020年東京五輪のエンブレムですが、結局このエンブレム

記事を読む

東京五輪エンブレムは出来レースだった?一般アンケートと食い違う結果に

先日、2020年東京五輪エンブレムが「A案」に決定しましたが、これは完全に出来レースだったと

記事を読む

【動画あり】脳も目も生殖器もない謎の生物「珍渦虫」の正体とは?

長年の間、その分類が定まらなかったという謎の深海生物「珍渦虫(ちんうずむし)」の正体がオーストラ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • Sponsored Links
  • エスモ

    管理人のエスモです。
    今話題の情報や役立つ情報、個人的に気になる情報などをジャンルを問わずになんでもお届けします。
    ごゆっくりとお楽しみ下さい。

    更新情報をツイッターでお知らせ↓

  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑