過激派組織「アルムラビドゥン」がマリの世界的ホテルを襲撃!?狙われた理由やイスラム国との関係などについて

公開日: : 政治

2015年11月20日、マリの首都バマコで、過激派組織「アルムラビドゥン」世界的高級ホテルチェーン「ラディソンブル」に属するホテルが襲撃し170人が人質となりました。

この過激派組織「アルムラビドゥン」とはどのような組織なのか?

マリのホテルが狙われた理由や過激派組織「イスラム国」との関係などについて調べてみました。

sponsored link

過激派組織「アルムラビドゥン」とは?

Al-Murabitoun-1

過激派組織「アルムラビドゥン」とは、国際テロ組織「アルカイダ」に関連する北アフリカの過激派組織です。

指導者は悪名高いアルジェリア人のモフタール・ベルモフタールという人物で、過去に米軍による空爆で死亡したものと考えられていました。

この組織はなんとあのイスラム過激派組織「イスラム国」に忠誠を誓っています

 

なぜマリのホテルが狙われたのか?

 11月20日、西アフリカのマリの首都バマコで武装集団が高級ホテルを襲撃し、170人を人質にしている。写真は武装集団が立てこもっているラディソン・ブル・ホテル(2015年 ロイター/Adama Diarra)

今回狙われたのはマリの首都バマコにある世界的高級ホテルチェーン「ラディソンブル」に属するホテルですが、このホテルは米国系のホテルチェーンとなっています。

人質は170人でその中にはアメリカ人やフランス人がいるとのこと。

この事件の犯人は約10人で、銃や手榴弾などを所持しており、「アッラー・アクバル(神は偉大なり)」と叫んでいたとのこと。

パリ同時多発テロでコンサートホールを襲撃した犯人も「アッラー・アクバル(神は偉大なり)」と叫んでいました。

 

これらのことから今回の事件はパリ同時多発テロと同様、イスラム国の拠点シリアへの空爆を行うアメリカ、フランスなどに対する報復だと思われます。

なお、マリが狙われた理由としてはマリがアルムラビドゥンがいる北アフリカに近い西アフリカに位置し、白人が多く済むホワイトアフリカであることなどが関係しているものと思われます。

 

 

イスラム国だけでなく、他の過激派組織までもが襲撃を行い始めています。

今もなお、イスラム国の拠点シリアへの空爆は行われているので、今後また過激派組織によるテロなどが起こる可能性は十分あるものと思われます。

なお、マリの襲撃事件に関しては人質はすでに開放されましたが、27人の遺体が確認されたとのこと。

亡くなった方々のご冥福をお祈りします。

 

Sponsored Links

関連記事

北朝鮮の水爆実験成功は何が問題なのか?簡単にまとめてみた

1月6日北朝鮮は水素爆弾の実験に成功したと発表しましたが、これは一体どういうことを示すのでしょう

記事を読む

ロシア地下鉄爆発事件はなぜ起こった?悲惨な現場の画像、動画

4月3日にロシア西部のサンクトペテルブルクの地下鉄で死者が少なくとも10人、負傷者が数十人にも及ぶ爆

記事を読む

【動画・画像あり】世界を震撼させたパリ同時多発テロ!!いったい何が起こったのか?

2015年11月13日(現地時間)、世界を震撼させる大規模なテロがフランス・パリにて発生しま

記事を読む

イスラム国が全日本人を虐殺することを宣言!?いったいなぜ!?靖国神社爆発事件との関連は?

パリ同時多発テロを起こしたあのイスラム国がなんと「日本人を虐殺する」ことを宣言しました。

記事を読む

アラブ4カ国がカタールと断交!その原因や日本への影響は?

6月5日、サウジアラビア、バーレーン、エジプト、アラブ首長国連邦のアラブ4カ国はカタールとの

記事を読む

安保法案って結局何が問題なの?わかりやすくまとめてみた

9月19日に安全保障関連法案(通称:安保法案)が成立しましたが、その成立には今まで多くの問題

記事を読む

韓国大統領の歴史がヤバすぎる!!暗殺・自殺・死刑・権限停止など

韓国の第18代大統領朴槿恵が正式に逮捕されることになりましたが、気になったのがこれまでの大統

記事を読む

北朝鮮がミサイル発射失敗!一体どこに向けて打ったのか?日本での危険性は?

北朝鮮は4月16日の朝、東部のハムギョン南道シンポ付近からミサイル発射を試みたようですが、失

記事を読む

国民一人ひとりに持つことになるマイナンバー制度とは?そのメリットやデメリットとは?

2015年10月から始まるマイナンバー制度ですが、そもそもマイナンバー制度とはなんなのでしょ

記事を読む

テロ頻発のイギリス、ロンドン橋車暴走やコンサート爆破テロ事件などはなぜ起こった?

2017年6月3日、イギリスのロンドン橋周辺で車が暴走し、同時に近くの市場でも人が刺されるという

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • Sponsored Links
  • エスモ

    管理人のエスモです。
    今話題の情報や役立つ情報、個人的に気になる情報などをジャンルを問わずになんでもお届けします。
    ごゆっくりとお楽しみ下さい。

    更新情報をツイッターでお知らせ↓

  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑