東京五輪エンブレムは本当にパクリだったのか?使用中止となった理由とは?

公開日: : 最終更新日:2016/04/11 話題

olympic emblem-1

デザインの盗用疑惑で話題を集めている2020年東京五輪のエンブレムですが、結局このエンブレムは使用中止となってしまいました。

今回は使用中止になった理由やそもそも本当にパクリだったのかということについて詳しくまとめてみました。

sponsored link

パクリ疑惑はなぜここまで話題になったのか

問題となっているロゴがこちら

olympic emblem-2

左が2020年東京五輪のエンブレムで、右がベルギーのリエージュ劇場のロゴです。

この2020年東京五輪のエンブレムをデザインしたのは今や時の人となっている佐野研二郎氏ですが、本人曰く、五輪エンブレムに関しては盗用ではなく、そもそも成り立ちも違うと明確に否定しています。

たしかに似ていますが、シンプルなデザインですので、いまや星の数ほどあるロゴに似てしまうのは仕方ないことだと思います。

 

しかし、なぜここまで話題になっているのかといいますと、その理由の一つには世界的なイベントであるオリンピックのエンブレムであるからというのがあります。世界的に注目されていることもあり、少しでも似ていれば、話題になってしまうのも当然です。

でも問題はこれだけではありませんでした。

 

盗用疑惑が話題になっている大きな理由として、佐野研二郎氏がデザインしたサントリーのトートバッグの多くががパクリだったことが判明したからです。一度は盗用を否定したものの、このデザインのサポートをしていたデザインナーが第3者のトレースをしていたことを認めたのです。

このことが佐野氏の盗用疑惑を深める大きな理由になったようです。

 

ちなみにトレースしたと言われるトートバッグのデザインがこちら

佐野氏デザインのトートバッグ No.20

sano design problem-1

ゲーム「セカンドライフ」の「MARKET PLACE」で販売中のパーツ

sano design problem-2

ウラのデザインと完全に一致してます。

 

佐野氏デザインのトートバッグ No.6

sano design problem-3

素材サイト「GATAG」のイラスト

sano design problem-4

100均の小物

sano design problem-5

麦と鳥が完全に一致してます。ちなみにGATAGのサイトには利用規約に「著作者の名前を明記して使うこと」と書かれているのに、トートバッグにはその表記が見られないためルール違反の無断使用をしていたことになります。

 

佐野氏デザインのトートバッグ No.4

sano design problem-6

能登健一氏デザインのスイカ

sano design problem-7

スイカがなくなっている箇所といい、全体的に雰囲気もほとんど一致してます。

 

トートバッグだけでなく他にもあります。

佐野氏デザインの時計「クロオビ」

sano design problem-10

カルバン・クラインの時計

sano design problem-11

これもほぼ一致。

 

調べてみたら他にも盗用疑惑のあるデザインがあるようです^^;

これだけ似たようなデザインのものが多いと東京五輪も盗用疑惑が話題になりますよね。

 

エンブレム使用中止の理由は?

佐野氏は先日、東京五輪のエンブレムを使用中止にすることを発表しましたが、その理由について佐野氏は

エンブレムの盗用は決してないことを述べつつも、他の作品に不手際があったことを認め、今回の騒動で家族やスタッフ、親族にまで迷惑をかけてしまっている状況に耐えられなくなり、家族やスタッフを守るために中止したと語っています。原文はこちらを参照

この理由からわかることとして佐野氏は2020年東京五輪エンブレムの盗用はしていないものと思われます。それは中止の理由においても決してないことを誓っていることからも伝わってきます。しかし、こんな状況になってしまってはもうエンブレムを使用中止する他なくなってしまったのでしょう。

 

たまたま一致したことからはじまったこの騒動、佐野氏にとっては思いにもよらなかったことでしょう。少しでも疑惑が浮上すれば芋づる式にどんどんその証拠となるようなものがあげられるこのネット社会が招いた事態と言えます。

とは言え、佐野氏にも問題があったことは確かです。今回の騒動を機にどんな作品でも盗用はしないでほしいですね。

 

 

Sponsored Links

関連記事

【動画あり】脳も目も生殖器もない謎の生物「珍渦虫」の正体とは?

長年の間、その分類が定まらなかったという謎の深海生物「珍渦虫(ちんうずむし)」の正体がオーストラ

記事を読む

【エイプリルフール】2017年のGoogleマップはパックマンがプレイできる!?

今年も様々な企業が盛り上がりを見せるエイプリルフールがやってきましたが、毎回ユニークなエイプリルフー

記事を読む

一冊6万円の謎の本「亞書」とは?作者の製作目的は?気になる内容などについて

今一冊6万円もする謎の本「亞書」が話題となっていますが、この本はいったいどのような本なのでしょうか?

記事を読む

2015年の紅白出場者が決定!各出場者一覧と出場回数まとめ

毎年の大みそか恒例となっているNHKの紅白歌合戦ですが、今年の司会者および出場者が発表されました

記事を読む

マクドナルドの「クォーターパウンダー」はなぜ販売終了?その理由や販売の歴史について

マクドナルドより「クォーターパウンダー」を4月4日にも販売終了することが突然発表されましたが、いった

記事を読む

クロードチアリさんの来歴がいろいろとすごすぎる!?娘は電車でよく聞くあの声の人!?

いま、Yahoo!の急上昇キーワードで話題となっているクロード・チアリさんですが、この方はいった

記事を読む

【閲覧注意】「ががばば」より怖い「謎と旅する女」とは?ネタバレと詳細解説!

Yahoo!で検索すると恐ろしいことが起こると話題の「ががばば」ですが、それよりも怖いことが起こる「

記事を読む

5月31日は火星が地球に最接近!!見える方角や期間は?次に最接近するのはいつ?

2016年5月31日は過去11年で最も近い距離まで火星が地球に最接近すると話題になっています。

記事を読む

300万円で住める無印良品の小屋とは?トイレやシャワーはどうする?

無印良品よりたった300万円で住むことができる「無印良品の小屋」の販売が開始されますが、画像を見

記事を読む

平成の次の元号は?候補一覧から有力なものを推測してみた

出典:http://www.jiji.com[/caption] 2019年1月1日から新元

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • Sponsored Links
  • エスモ

    管理人のエスモです。
    今話題の情報や役立つ情報、個人的に気になる情報などをジャンルを問わずになんでもお届けします。
    ごゆっくりとお楽しみ下さい。

    更新情報をツイッターでお知らせ↓

  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑