平成の次の元号は?候補一覧から有力なものを推測してみた

公開日: : 話題

2019年1月1日から新元号へと変更する方針であることが政府より発表されましたが、気になるのは次の元号がどうなるかです。

そこで今回は平成の次に来ると言われる元号の候補の一覧とその中でも有力だと思うものを推測してみました。

sponsored link

元号はどう決まる?

そもそも元号はどう決まるのかと言いますと、大学教授などのその分野に精通した有識者が集められ、元号について議論し、いくつか案を出した上で、最終的にその案を政府が審査・検討して最終決定を行うという流れになっています。

元号の決め方の基準は以下のようになっているようです。

1.国民の理想としてふさわしい意味を持つ
2.漢字二字
3.書きやすい
4.読みやすい
5.外国を含め過去に元号やおくり名として使われていない
6.俗用されていない

出典:http://www.meijijingu.or.jp

この基準をもとに最近の元号を見てみますと、

明治(めいじ)・大正(たいしょう)・昭和(しょうわ)・平成(へいせい)

とどれも確かに簡単な漢字ですし、書きやすく読みやすい字となっていることがわかります。

 

ちなみに平成のときは「平成(へいせい)」のほかに「修文(しゅうぶん)」「正化(せいか)」などの候補があったと言われていますが、イニシャルが明治(M)、大正(T)、昭和(S)と重ならず、親しみやすい字であるという理由で平成(イニシャルはH)が選ばれています。

 

次の元号の候補一覧は?

ネットで平成の次の元号の候補と言われているものの一覧が以下の通りです。

  • 安晋(あんしん)
  • 安治(あんち、あんじ)
  • 安熙(あんき)
  • 安生(あんせい、あんしょう)
  • 安煌(あんこう)
  • 安公(あんこう)
  • 安展(あんてん)
  • 安久(あんきゅう)
  • 安始(あんち、やすし)
  • 快天(かいてん)
  • 光文(こうぶん)
  • 周易(しゅうい?)
  • 中和(ちゅうわ)

※各漢字の読みは個人的に調べたものなので、実際の読みと異なる可能性があります。

 

この中から有力な候補を推測してみます。

周易(S)、中和(T)は大正(T)、昭和(S)とイニシャルが重なるので除外

安晋(あんしん)、安熙(あんき)、安煌(あんこう)は読みにくく、書きにくい漢字があるので、先ほどの基準と合わないため除外

快天(かいてん)は常用漢字の回転(かいてん)と聞き間違える可能性があるので除外

安治(あんち)、安始(あんち)は反対・対抗などを意味するネットスラング「アンチ」と同じ読みなので除外

安展(あんてん)は状況が悪くなる意味を持つ暗転(あんてん)と同じ読みなので除外

そうなると残るのが、

安生、安公、安久、光文

の4つです。

 

今のところ上記の候補の中ではこの4つが有力といったところです。

この中でも安久(あんきゅう)は特に最有力候補とネットで騒がれています。ただ、その根拠はよくわかりませんが^^;

 

ちなみに安始(あんち、やすし)は2058年から来たという未来人が語ったと言われていますが、個人的に読み方から考えるにこれはあり得なさそうな気がします。「あんち」という読み方は先ほども言ったように「アンチ」というネットスラングと同じ読みですし、「やすし」という読み方は人の名前によくあるので先ほどの基準の「俗用されていない」という項目と反することになります。

そもそもこれらの読み方が正しいかはわかりませんが、安始が次の元号になる可能性は低そうです。

 

今回の情報はあくまでネットによる情報なので、その信ぴょう性は不確かではありますが、もしかするとこの中に次の元号となるものがあるかもしれません。

参考になれば幸いです^_^

 

Sponsored Links

関連記事

【画像】ストロベリームーンはピンクムーンとは違い色がある!?その理由や由来など

6月9日の夜にはストロベリームーンが見れると話題ですが、その由来とはなんでしょう? ピンク

記事を読む

罪のない少年4人と目撃者が犯罪者に仕立てあげられた五番町事件がひどすぎる!驚愕の事件の真相とは?

1955年、京都の五番町である殺人事件が起きました。 ある喧嘩から殺人にまで発展した事

記事を読む

今夜のストロベリームーンが見れる時間帯や方角は?明日以降も見れる?

出典:http://mhkj2.hatenablog.com[/caption] 6月9日の

記事を読む

TOKIOが捕まえたラブカは地震の前兆?5月の九州地震の予測との関連は?

5月13日、あの人気アイドルグループのTOKIOが非常に珍しい深海サメ「ラブカ」を捕まえたことで

記事を読む

大量発生するビゼンクラゲは中国では高級食材?美容効果もある?その食べ方や栄養について

最近有明海でビゼンクラゲが大量発生しており、それが中国では高級食材として扱われることで話題を

記事を読む

東京五輪エンブレムは本当にパクリだったのか?使用中止となった理由とは?

デザインの盗用疑惑で話題を集めている2020年東京五輪のエンブレムですが、結局このエンブレム

記事を読む

簡単に作れるのに頑丈かつ快適な「段ボールベット」とは?その特徴や期待できる効果について

熊本地震による避難生活で、車の中で長時間過ごしたことによるエコノミークラス症候群の対策として段ボール

記事を読む

カール販売終了も西日本だけ販売が続く理由は?代わりのお菓子がセブンにある?

カールの販売終了が発表され、ネット上で大きな話題となっていますが、しばらくは西日本だけ販売が

記事を読む

実技優遇は当たり前?千葉県立幕張総合高校の秘密は「すでに知ってる」との声多数

千葉県立幕張総合高校の受験において実技試験を受けた人をひそかに優遇していたことが問題となっていますが

記事を読む

「エモい」の意味は?古語の「あはれ」と同じ?バンドが由来?

最近なぜか「エモい」という言葉がYahoo!急上昇ワードで話題となっているようですが、そもそ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • Sponsored Links
  • エスモ

    管理人のエスモです。
    今話題の情報や役立つ情報、個人的に気になる情報などをジャンルを問わずになんでもお届けします。
    ごゆっくりとお楽しみ下さい。

    更新情報をツイッターでお知らせ↓

  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑