【画像】ストロベリームーンはピンクムーンとは違い色がある!?その理由や由来など

公開日: : 話題

6月9日の夜にはストロベリームーンが見れると話題ですが、その由来とはなんでしょう?

ピンクムーンとは違いちゃんと色があるとのことで、その理由なども気になったのでまとめてみました^_^

sponsored link

ストロベリームーンとは?

ストロベリームーンとは、6月の満月のことで赤みを帯びた色合いであることが特徴です。

名前の由来はネイティブアメリカンによるものだと言われており、毎年6月はいちごの収穫期で、この時期の月が赤く見えることからストロベリームーンと呼ばれるようになったとのこと。

2017年の場合ですと、満月の時間帯は6月9日22時10分となっています。

 

なぜ色が赤い?

ストロベリームーンの色が赤い理由は夏至に近い6月の月は地平線近くの高度が低い位置を移動するため、夕日や朝日と同じ理由で赤く見えるためです。

赤い色というのは波長が長く、遠くまで届くという性質があります。高度が低いとその分見る人の目に到達するまでの距離が長くなるため波長の短い青い色が見えなくなり、赤い色だけが残るのです。

月は太陽光を反射していますので、太陽と同じく高度が低くなると赤く見えるのです。

ちなみに4月の満月はピンクムーンと呼ばれていますが、こちらはその名前とは裏腹に色はピンクではなく、普通の月の色となっています。

>>「ピンクムーン」とは?ピンクの月が見えるわけではない?

 

実際の色合いは?

以下は去年のストロベリームーンの画像です。実際の色合いはこんな感じのようです。

 

4月のピンクムーンはピンクに見えませんが、今回のストロベリームーンは名前の通りちゃんと色が赤く見えるようなのでご安心を笑

 

Sponsored Links

関連記事

平成の次の元号は?候補一覧から有力なものを推測してみた

出典:http://www.jiji.com[/caption] 2019年1月1日から新元

記事を読む

トランプ氏による謎の単語「covfefe」の真の意味とは?

トランプ氏がTwitterで「covfefe」という謎の単語を発したことで話題となっています

記事を読む

ファティマの奇跡100周年の2017年5月13日に第3次世界大戦が起こる!?秘密の第3の予言との関連とは?

2017年5月13日はポルトガルのファティマに聖母マリアが出現してからちょうど100年を迎えます。

記事を読む

ファティマ第三の予言は嘘だった?予言の内容とその真相とは?

ファティマの予言と呼ばれる第1次世界大戦の終結や第2次世界大戦の始まりを予言したものがあるのですが、

記事を読む

新紙幣のデザインはダサい?ネットの評判は?旧紙幣とのデザイン比較も

政府は4月9日、1万円と5千円、千円の紙幣のデザインを刷新すると発表し、同時にそのイメージ画像も公開

記事を読む

【画像あり】ウロコ一枚一枚にまでこだわりが!?リアルすぎる「金魚バッグ」が話題に!

今、ひそかに「金魚バッグ」が注目されていますが、注目されているのはただの「金魚バッグ」ではありません

記事を読む

偶然か運命か!?5月13日に第3次世界大戦勃発の予言と北九州M7の大地震の予測が一致している件

「5月13日」 この日はなんてことはない普通の日ですが、もしかすると2017年のこの日はとんで

記事を読む

家にこたつがない方に…ポータブルこたつが便利そう!小型軽量で節電効果も期待できる?

11月30日のZIP!で放送されていた「こたつランキング」でポータブルこたつ、一人用こたつというのが

記事を読む

クロードチアリさんの来歴がいろいろとすごすぎる!?娘は電車でよく聞くあの声の人!?

いま、Yahoo!の急上昇キーワードで話題となっているクロード・チアリさんですが、この方はいった

記事を読む

【画像あり】舛添都知事と野々村議員の動作がそっくりすぎるとTwitterで話題に

舛添要一東京都知事が政治資金規正法違反の疑いで、連日話題となっていますが、Twitterでは会見中の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • Sponsored Links
  • エスモ

    管理人のエスモです。
    今話題の情報や役立つ情報、個人的に気になる情報などをジャンルを問わずになんでもお届けします。
    ごゆっくりとお楽しみ下さい。

    更新情報をツイッターでお知らせ↓

  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑