【動画あり】山形NHKで岡田みはる気象予報士が放送中に突然泣き出す!?号泣の理由はイジメ!?

公開日: : 話題

okada miharu-1

12月1日夕方に山形のNHKにて放送された天気予報で、気象予報士の岡田みはるさんが突然泣き出して原稿が読めなくなる放送事故がありました。

いったいなぜ号泣したのか?

詳しくまとめてみました。

sponsored link

何があったのか?

気象予報士が泣き出すというハプニングがあったのは午後6時10分〜59分の「NHKニュース やまがた6時」という番組で、天気予報は6時半ごろからでした。このときの様子を再現しますと

現在の鶴岡市の様子を見てみましょう。冷たい北西の風が…」と紹介したが、画面に映ったのは新庄市。

傍らから「新庄、新庄」とのディレクターらしき声。「え、現在の新庄市の様子です」と言い直した。ここで動揺したようだ。

この日の県内の最低気温を読み上げている途中、「酒田6度1分、新庄3度9分でした…」と完全に涙声になった。

うつむいて涙をふく姿が映し出された。「低気圧はオホーツク海に…。グス…」。画面は、お天気カメラが映し出す街の映像に切り替わった。この後もすすり泣き、予報にならなかった。

男性キャスターが「失礼しました。では、ニュースを続けます」とニュースに移った後、番組の最後で「お天気コーナーでお見苦しい点がありました」と謝罪した。

引用:Yahoo!ニュース

といった感じだったようです。

 

そのときの実際の動画がこちら

 

原因はイジメ!?

一見岡田みはるさんが原稿を読み間違えて、動揺して号泣しているように見えますが、実は原稿にはちゃんと鶴岡と書いてあり、打ち合わせでも鶴岡になっていたそうです。

そのほかにもテロップを出してもらえなかったり、お天気地図がばらばらにされていたりかなり陰湿なイジメがあったとのこと。

実はこのイジメ、今回が初めてではなく、何ヶ月も前から続いていたそう。

 

岡田みはるさんはブログをやっており、放送事故の前日である11月30日には「疲れ過ぎて、ごはんが食べられない」など、仕事に相当ストレスを感じていたようです。

http://ameblo.jp/miharu-okada/entry-12100814411.html

 

 

これが本当だとしたら信じられないことですね。

イジメなんてあっていいものではありませんし、それが公共放送であるNHKならなおさらです。

これはどうにか対処してほしいところです。

 

Sponsored Links

関連記事

【動画あり】「PERFECT HUMAN」公式MVが公開!!元ネタは韓国PSYのカンナムスタイル?

新たにオリエンタルラジオの新ネタ「PERFECT HUMAN」の公式MVが公開され、クオリティが

記事を読む

【画像あり】舛添都知事と野々村議員の動作がそっくりすぎるとTwitterで話題に

舛添要一東京都知事が政治資金規正法違反の疑いで、連日話題となっていますが、Twitterでは会見中の

記事を読む

ビアードパパの「飲むシュークリーム」ってどんな味?どこで買えるの?

シュークリームで有名なビアードパパより永谷園とのコラボで「飲むシュークリーム」という缶ジュー

記事を読む

平成の次の元号はいつ発表され、いつから変わる?その理由についても

平成の天皇陛下である昭仁様が生前退位の意向を示し、それに伴い「平成」の元号も変わろうとしています

記事を読む

CGのように神秘的な宇宙ガラスの値段や購入方法は?レジンで作れる?

宇宙ガラスというとても神秘的なガラス玉があるのですが、いったいどれくらいの値段でどこで購入で

記事を読む

マクドナルドの「クォーターパウンダー」はなぜ販売終了?その理由や販売の歴史について

マクドナルドより「クォーターパウンダー」を4月4日にも販売終了することが突然発表されましたが、いった

記事を読む

大量発生するビゼンクラゲは中国では高級食材?美容効果もある?その食べ方や栄養について

最近有明海でビゼンクラゲが大量発生しており、それが中国では高級食材として扱われることで話題を

記事を読む

【エイプリルフール】2017年のGoogleマップはパックマンがプレイできる!?

今年も様々な企業が盛り上がりを見せるエイプリルフールがやってきましたが、毎回ユニークなエイプリルフー

記事を読む

五輪エンブレムA案の「市松模様」とは?なぜ藍色?葬式に見えるという話も

2020年東京オリンピックのエンブレムがA案に決定し、一般アンケートと食い違う結果で「出来レース

記事を読む

【動画あり】脳も目も生殖器もない謎の生物「珍渦虫」の正体とは?

長年の間、その分類が定まらなかったという謎の深海生物「珍渦虫(ちんうずむし)」の正体がオーストラ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • Sponsored Links
  • エスモ

    管理人のエスモです。
    今話題の情報や役立つ情報、個人的に気になる情報などをジャンルを問わずになんでもお届けします。
    ごゆっくりとお楽しみ下さい。

    更新情報をツイッターでお知らせ↓

  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑