鬼怒川を決壊させた線状降水帯とは?その発生した原因や特徴とは?

公開日: : 豆知識

senjoukousuitai-1

茨城県常総市の鬼怒川を決壊させるほどの被害を与えた要因は「線状降水帯」によるものと言われていますが、そもそも「線状降水帯」とはいったいどのような現象なのでしょう?

今回はこの線状降水帯についてその特徴や発生した原因などともにまとめてみました。

sponsored link

 線状降水帯とは?

線状降水帯とは、読んで字のごとく線状に延びる降水帯のことです。

特徴として積乱雲や次々と発生し、強雨をもたらすことがあります。

 

通常の降水帯は幅5キロメートルほどなのに対し、線状降水帯は幅20〜50キロメートル長さ50〜300キロメートルにも及びます。

まさにケタ違いの長さですね^^;

 

今回発生した線状降水帯も50〜100キロメートルほどあったとのことで、広い範囲に影響を与えました

 

発生した原因は?

senjoukousuitai-2

今回線状降水帯が発生した原因は、主に台風18号にあります。

この台風18号が日本海上で停滞していたため、低気圧の東側に南からの湿った風の通り道ができ、その上低気圧の東側に位置する台風17号からの東風が南風とぶつかり合ったことにより発生しました。

また、日本列島の西の上空に広がる氷点下9度の空気の固まり「寒冷渦」の速度が遅かったために大気は極めて不安定な状態だったようです。

 

つまりいろいろと都合の悪い条件が重なり合ってできた現象だったようです^^;

そりゃ「50年に一度」の大雨と呼ばれるわけです。

ちなみに鬼怒川が決壊したのは1949年に栃木県で発生して以来とのことで、「50年に一度」と呼ばれる理由はここにあるのものと思います。

Sponsored Links

関連記事

【驚愕画像】世界一威力が大きい爆弾「ツァーリ・ボンバ」がもし東京に落ちたら…

歴史上最大の威力をもつと言われる爆弾に「ツァーリ・ボンバ」というものがありますが、その規模は広島に落

記事を読む

年賀状を出す意味って何?現代は出す必要がない?

毎年年末になると用意しなければならないのが、年賀状ですが、そもそも年賀状ってどうして出すのでしょう?

記事を読む

端午の節句はもともと男の子ではなく、女性の節句だった!?その由来や理由など

端午の節句と言えば、5月5日のこどもの日のことですが、この日は男の子の節句としても知られてい

記事を読む

意外と知らない!?ガムを噛むことによる6つの効果と4つのデメリット

スーパーやコンビニなどで普通に売られているガムですが、意外なまでにいろいろな良い効果があるよ

記事を読む

日本の光化学スモッグはどれくらい危険?中国との比較は?

日差しが強い時期になってくると光化学スモッグというものをよく見かけるようになりますが、日本の光化

記事を読む

知ってた?「けりをつける」の意外な由来とは?

「けりをつける」という言葉がありますよね? これは決着をつける、物事を終わらせるなどという

記事を読む

4月こと座流星群とは?今度はいつ見れる?見える方角や時間帯などについて

4月には4月こと座流星群というのがありますが、具体的にどの時間帯、方角に見れるのでしょう? 今

記事を読む

七十二候「霜止苗出」はどう読む?意味や由来、期間など

七十二候の一つに「霜止苗出」というものがありますが、これはどう読むのでしょう? その意

記事を読む

知っておいて損はない雑学!雨はどこから落下したかによって名称が異なる

知っておいて損はない雑学! 雨はどこから落下したかによって名称が異なるのだそうです。

記事を読む

サンタクロースの服はなぜ赤い?なぜ靴下にプレゼントを入れるの?

今年もクリスマスがやってきましたが、クリスマスと言えばやっぱりサンタさんですよね。 子ども

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • Sponsored Links
  • エスモ

    管理人のエスモです。
    今話題の情報や役立つ情報、個人的に気になる情報などをジャンルを問わずになんでもお届けします。
    ごゆっくりとお楽しみ下さい。

    更新情報をツイッターでお知らせ↓

  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑