知っておいて損はない雑学!雨はどこから落下したかによって名称が異なる

公開日: : 豆知識

知っておいて損はない雑学!

雨はどこから落下したかによって名称が異なるのだそうです。

以下ではその詳細について詳しくまとめてみました。

sponsored link

雨がどこから落下したかによる名称の違い

雨粒(あまつぶ)・雨滴(うてき)

通常の落下する雨の水滴のことを雨粒(あまつぶ)、もしくは雨滴(うてき)と呼びます。

雨粒のほうが一般的ですね。

 

雨垂れ(あまだれ)

雨水が軒などから落ちたもののことを雨垂れ(あまだれ)と言います。

軒(のき)は家の屋根の端にある建物の外に張り出た部分のことです。

 

雨垂れ落ち(あまだれおち)

雨垂れが落ちて打ち当たるところのことを雨垂れ落ち(あまだれおち)と言います。雨垂れはいつも一定のところに落ちることが多いので、このような名称がついたのでしょう。

 

樹雨(きさめ、きあめ)

森林の中で濃霧によって小さな水滴が枝葉について、大粒の水滴となって雨のように降り落ちることを樹雨(きさめ、きあめ)と言います。

これは雨によるものではなく、あくまで霧によるものであることに限定されています。

森林ならではの現象ですね。

 

驟雨(しゅうう)

対流性の雲(積雲や積乱雲)から降る雨のことを驟雨(しゅうう)と言います。

あまり聞き慣れない言葉ですが、これが短時間で止むような一過性のものはにわか雨になります。天気予報などでよく聞くにわか雨はこの驟雨の一種というわけです。

ちなみに通り雨も驟雨の一種ですが、こちらは正式な気象用語ではなく、にわか雨の名前をわかりやすく変えただけのものだと思われます。

 

雨はもともといろいろな名称がありますが、落ち方や落ちる場所などにも名前がついているんですね。

会話のネタなどにでもなればと思います^_^

 

Sponsored Links

関連記事

6月14日は韓国では「キスデー」!?由来はバレンタインデーと関係している?

6月14日はお隣韓国では「キスデー」なのだそう! その由来や意味などについて気になったので調べ

記事を読む

お彼岸の意味、由来って何?日付はどう決まるの?

日本では毎年「お彼岸(おひがん)」というものがありますが、この意味や由来とはいったいどのよう

記事を読む

2017年4月21日は最上の吉日「天赦日」の日!しかし今回は注意点も

2017年4月21日は年に5〜6回しかない最上の吉日である「天赦日」があります。 この

記事を読む

手当ての言葉の由来からわかる人間の身体の不思議な力とは?

ケガをしたときに手当てをするという言葉を使うと思いますが、この手当てをするという言葉の由来は人間

記事を読む

昭和の日の名前の由来は?みどりの日から変わった理由とは?

4月29日は「昭和の日」ですが、この日はわりと最近まで「みどりの日」という名前でした。 今

記事を読む

6月18日はおにぎりの日!その由来や意味とは?

6月18日はおにぎりの日だそうですが、その由来や意味とはなんなのでしょう? 気になった

記事を読む

意外と知らない!?ガムを噛むことによる6つの効果と4つのデメリット

スーパーやコンビニなどで普通に売られているガムですが、意外なまでにいろいろな良い効果があるよ

記事を読む

史上最大のダイヤモンド「カリナン」は3106カラット!?その大きさや使い道とは?

アフリカ南部のボツワナで、史上2番目となる1111カラットのダイヤ原石が発見されましたが、史上最大の

記事を読む

自称未来人が警告!?南海トラフ地震とは?いつどこで何が起こる?

2016年4月14日、熊本県で震度7を観測する地震が起こりましたが、今後この地震よりも規模の大きい「

記事を読む

サンタクロースの服はなぜ赤い?なぜ靴下にプレゼントを入れるの?

今年もクリスマスがやってきましたが、クリスマスと言えばやっぱりサンタさんですよね。 子ども

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • Sponsored Links
  • エスモ

    管理人のエスモです。
    今話題の情報や役立つ情報、個人的に気になる情報などをジャンルを問わずになんでもお届けします。
    ごゆっくりとお楽しみ下さい。

    更新情報をツイッターでお知らせ↓

  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑