36万ベクレルはシーベルトに換算するとどれくらい?実際に計算してみた

公開日: : 豆知識

6月8日、茨城県大洗町の原子力研究開発機構「大洗研究開発センター」にて作業員被ばく事故が発生し、被ばくした作業員5人のうち一人から36万ベクレル被ばくしたことが推計されましたが、これはシーベルトでいうとどれくらいなのでしょう。

気になったので、実際に計算してみました。

sponsored link

シーベルトの致死量

シーベルトの致死量は6〜7シーベルトと言われ、3〜4シーベルトで生存率50%、2シーベルトで生存率5%と言われています。ちなみに原発の作業員は年間で0.05シーベルトが被ばく量の上限として定められています。

かつて東海村で起こったJCO臨界事故で被ばくした人のうち二人は推定6シーベルトを超えており、事故発生から数カ月後に死亡しています。

詳しくは以下記事にてまとめています。

>>36万ベクレル被ばくはどれくらい危険か?東海事故の被ばく者との比較

 

36万ベクレルをシーベルトに換算した値は?

原子力研究開発機構の発表によれば、36万ベクレルを受けた作業員のシーベルトの値は年間1.2シーベルトと推定されるとのこと。

ただ、この値が本当なのか気になったので実際に自分で計算してみました。

 

ベクレルからシーベルトの換算にはベクレルの値のほかにどのような放射性物質に被ばくしたかにもよります。

簡単にその換算式を表しますと、

1kg辺りのベクレルの値(Bq/kg) × 放射性物質ごとの線量係数(Sv/Bq) = シーベルトの値(Sv)

となります。

 

今回の事故で作業員が被ばくした放射性物質はプルトニウム239と呼ばれる物質です。

今回の1kg辺りのベクレルの値は 3.6×10^5(Bq/kg)

プルトニウム239の線量係数は 2.5×10^-7(Sv/Bq) 

なので、計算式は

3.6×10^5(Bq/kg) × 2.5×10^-7(Sv/Bq) = 0.09(Sv)

となり、

シーベルトの量は0.09シーベルトということになります。

 

この量は国によって規定されている「1年間」の作業員の被ばく量の上限0.05シーベルトを超える値です。

おそらく年間に換算するとさらに高くなるものと思われますが、今回はあくまで簡易的な式による計算結果なので参考程度に捉えておいたほうが良いかもしれません。

ただ、少なくとも言えるのは普通の作業員に規定されている「1年間」の被ばく量の上限を「1日」で超えてしまっているので、ただならぬ事態であることは確かでしょう。

 

Sponsored Links

関連記事

シルバーウィークって何?次はいつある?

皆さんはゴールデンウィークならぬシルバーウィークという言葉があるのはご存知でしょうか?

記事を読む

ふたご座流星群とは?今度はいつ見れる?見える方角、時間帯などについて

2015年12月14〜15日は流星群の中でも最大と言われるふたご座流星群が見えるとのことですが、ふた

記事を読む

スーパームーンとはどんな現象か?地震や噴火とも関係がある?

皆さんはスーパームーンをご存知でしょうか? これは月が普通よりも大きく見える現象のこと

記事を読む

しぶんぎ座流星群とは?今度はいつ見れる?見える方角、時間帯について

1月4日はしぶんぎ座流星群が見えるとのことですが、しぶんぎ座流星群はどの方角、時間帯に見えるのでしょ

記事を読む

4月22日はアースデイ!その由来や意味、3月21日のアースデイとの違いは?

4月22日は地球環境について考える日というアースデイがありますが、この日の他にも3月21日もアー

記事を読む

6月10日はミルクキャラメルの日!昔はタバコの代用品として売られていた!?

6月10日はミルクキャラメルの日だそうですが、その由来とは何なのでしょう? 昔はタバコ

記事を読む

2017年の母の日はいつ?カーネーションをあげる由来は?黄色はやめるべき?

母の日と言えば、カーネーションをプレゼントするというのが定番ですが、そもそもなぜカーネーションを

記事を読む

世界一きれいな湖「バイカル湖」には船が消える悪魔のクレーターがある!?25万人もの人々が亡くなった悲劇との関係とは?

ロシアにある「バイカル湖」という湖は世界一の透明度を誇る非常にきれいな湖でもありますが、この湖に

記事を読む

しし座流星群とは?今度はいつある?見える方角、時間帯などについて

今夜はしし座流星群があるとのことですが、しし座流星群はどの方角、時間帯に見えるのでしょう? 今

記事を読む

エルニーニョの代わりに発生率高まるラニーニャ現象とは?その仕組みや日本への影響など

気象庁は今月11日、世界的な異常気象の原因とされる「エルニーニョ現象」が6月までに収まる可能性が高い

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • Sponsored Links
  • エスモ

    管理人のエスモです。
    今話題の情報や役立つ情報、個人的に気になる情報などをジャンルを問わずになんでもお届けします。
    ごゆっくりとお楽しみ下さい。

    更新情報をツイッターでお知らせ↓

  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑