お彼岸の意味、由来って何?日付はどう決まるの?

公開日: : 豆知識

日本では毎年「お彼岸(おひがん)」というものがありますが、この意味や由来とはいったいどのようなものなのでしょう?

日付の決まり方なども気になったので、調べてみることにしました^_^

sponsored link

お彼岸の意味、由来とは?

彼岸というのはもともとは仏教の言葉で「煩悩に満ちた現世である此岸(しがん)を離れて修行を積むことで煩悩を脱し、悟りの境地に達した世界である彼岸に到達する」という意味があります。

つまりは修行を積んで悟りの世界に達するという意味で使われていました。

 

しかし、日本ではお彼岸といえばお墓参りをする日として定着しています。

この理由は平安時代の頃に今のお彼岸の時期に真西に沈む太陽を見て極楽浄土を思い描き、修行をするようになったということと

日本人が先祖や自然に感謝するという習慣があり、お彼岸に生かされていることへの感謝、ご先祖様への感謝の気持ちを込めるようになったことが由来だと言われています。

 

日付の決まり方は?

お彼岸には春彼岸秋彼岸というものがあるのですが、これはそれぞれ春分の日、秋分の日を基準にして決められています。

内閣府が発表する「国民の祝日について」によりますと

春分の日:自然をたたえ、生物をいつくしむ

秋分の日:祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ

となっており、先祖や自然に感謝する日本の習慣に適したこの期間がお彼岸となっているようです。

 

 

ちなみに2017年のお彼岸は以下の通りです。

春彼岸

彼岸入り:3月17日

彼岸の中日(春分の日):3月20日

彼岸明け:3月23日

秋彼岸

彼岸入り:9月20日

彼岸の中日(秋分の日):9月23日

彼岸明け:9月26日

となっています。

彼岸入りはお彼岸の始まり、彼岸明けはお彼岸の終わりを意味します。

 

 

お彼岸はもともとはお墓参りをする日ではなかったんですね^^;

日本人ならではの風習が影響していたようです。

とはいえご先祖様への感謝は大事にしたいですね。

お彼岸の時期はこんな意味があったんだと思いをはせながらお墓参りをするのもいいかもしれませんね^_^

 

Sponsored Links

関連記事

クリボーの意外な正体とは?マリオ、ルイージなどの名前の由来についても

いまや国民的キャラクターの一人といえば「マリオ」ですが、マリオに登場する敵キャラでも有名なのが「

記事を読む

【4月14日】バレンタイン、ホワイトデーに続くブラックデーがある?その意味や由来とは?

2月14日はバレンタインデーで、一ヶ月後の3月14日はホワイトデーであることは今や日本では当たり

記事を読む

意外と知らないLINEの便利な小技をまとめてみた

   今や誰もが使っているコミュニケーションツール「LINE」 そのLINEの便利な小技につ

記事を読む

6月22日はかにの日!その由来や意味とは?

6月22日はかにの日なのだそうですが、その由来や意味とは何なのでしょう? 気になったの

記事を読む

2017年こと座流星群の見える方角や時間帯は?次はいつ見れる?

4月になると見ることができる「4月こと座流星群」というのがありますが、2017年は具体的にど

記事を読む

6月6日はロールケーキの日!他にも同じ日がある?その由来とは?

6月6日はロールケーキの日だそうですが、その由来とはなんなのでしょう? 他にも同じロールケ

記事を読む

七十二候「霜止苗出」はどう読む?意味や由来、期間など

七十二候の一つに「霜止苗出」というものがありますが、これはどう読むのでしょう? その意

記事を読む

日本人なら知っておくべき!5月3日の憲法記念日の詳細とその歴史について

5月3日は何の日でしょうか? そう、憲法記念日です。 日本人なら知っておくべき祝

記事を読む

花火の日が5月28日と8月1日の2つあるのはなぜ?その理由や由来とは?

「花火の日」は5月28日と8月1日があるそうなのですが、その理由とは何なのでしょう。

記事を読む

春の雨は恵みの雨?穀雨の意味や由来について

春になるとだんだん暖かくなってきますが、同時に降水量も梅雨ほどではありませんが若干増えると言われ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • Sponsored Links
  • エスモ

    管理人のエスモです。
    今話題の情報や役立つ情報、個人的に気になる情報などをジャンルを問わずになんでもお届けします。
    ごゆっくりとお楽しみ下さい。

    更新情報をツイッターでお知らせ↓

  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑