亀田大毅が引退するきっかけとなった網膜剥離とは?その原因や症状などについて

公開日: : 健康

kameda daiki-1

亀田大毅さんが引退を発表しましたが、その理由は左目の網膜剥離による視力低下によるものとのことでした。

この網膜剥離とはいったいどのような病気なのでしょうか?

今回はその原因や症状などについて詳しくまとめてみました。

sponsored link

網膜剥離とは?

moumaku

網膜剥離(もうまくはくり)とは、眼球の内側にある網膜という膜が剥がれ、視力が低下する病気のことを言います。

そもそも網膜とは、眼球の内側にある組織のことで、目に入ってきた光の刺激を脳へ伝達するため神経信号に変換する役割を持ちます。

この網膜が剥離することで、目に入ってきた光を脳へ伝達しにくくなり、視力が低下し、最悪視力を失うことになります。

 

原因は?

網膜剥離の原因としては、加齢や眼球への物理的ショックなどが原因で起こります。

具体的には、上記の原因により、網膜が裂けてしまう(網膜裂孔)ことで、そこから網膜が剥がれていく網膜剥離が起こります。

 

ボクサーであった亀田大毅さんは度重なる頭部への物理的ショックなどにより、この網膜剥離に発症したものと考えられます。

 

症状は?

網膜剥離は痛みがないため最初は気づきにくいそうですが、その前兆として飛蚊症があらわれることがあるそうです。

飛蚊症(ひぶんしょう)とは、何か物を見ているときに黒い虫のようなものが動いて見える症状のことです。

これは眼球内部の透明なゲル状の硝子体(しょうしたい)と呼ばれる物質にしわのようなものができることにより、起こる現象で、網膜剥離している人に起こりやすい傾向にあります。

ほかにも暗い場所で突然稲妻のような光が見えたり急に視力が低下した場合は網膜剥離の可能性があります。

 

治療法は?

網膜剥離を治療するには目の手術を行う必要があります

裂け目ができているだけの状態(網膜裂孔)では、「光凝固法」という治療法があります。

これは瞳孔から網膜の穴にレーザーを照射し、裂け目の周囲の網膜とその下の組織を焼き付ける方法で、網膜を剥がれにくくします。

網膜が剥がれてしまっている状態(網膜剥離)では、「硝子体手術」や「強膜バックリング法」と呼ばれる方法で、剥がれた網膜を元の位置に固定する必要があります。

手術後に目を動かしても問題はないようですが、1ヶ月程度は目を疲れない状態にしておいたほうがいいようです。

 

なお、亀田大毅さんは一度網膜剥離の手術を行っており、完治と診断されたそうですが、視力は戻らなかったそうです。

 

 

発症してしまうと最悪視力を失ってしまう網膜剥離は早期発見が重要です。

急に視力が低下した、飛蚊症がひどい、暗い場所で突然光が見えたなどの症状がある方は一度眼科で見てもらったほうがいいでしょう。

 

Sponsored Links

関連記事

被災地で発症しやすい「たこつぼ心筋症」とは?その症状や原因、予防法について

熊本地震が発生し、地震による死者だけでなく、災害関連死と呼ばれる間接的な要因での死者も発生しています

記事を読む

甘味料ステビアはほんとに安全?避妊に使われていた?その危険性の真相とは

植物由来の甘味料の一つにステビアというものがありますが、砂糖の300倍も甘く、なおかつ低カロリー

記事を読む

食の未来を変えるかも!?高血圧対策にもなる「電気味覚フォーク」がすごすぎる!

驚きの商品が登場しました。 それは「電気味覚フォーク」という商品です。 今回はこの電気味

記事を読む

安倍首相もハマってる「4-7-8呼吸法」とは?1分で眠くなる?その方法と効果について

最近「4-7-8呼吸法」というのが話題となっていますが、これはいったいどういった呼吸法なので

記事を読む

血圧高めの方は「LTP」を含む食品がおすすめ!その効果や主な含有食品などについて

LTPことラクトトリペプチドは、血圧を下げる効果があるとして高血圧の方は注目の成分となっています。

記事を読む

刺身に意外といる!?寄生虫アニサキスにあたらないための予防法・対処法

日本人ならよく刺身を食べるという人も多いと思いますが、実は生の魚には「アニサキス」という寄生

記事を読む

健康にもダイエットにもいい「スロージョギング」とは?その効果や走り方のコツなどについて

みなさんは「スロージョギング」をご存知でしょうか? 「スロージョギング」はランニングよりも

記事を読む

水素水は「あの水」の言い方を変えただけ!?本当に効果はあるの?

以前このブログでも取り上げた「水素水」ですが、その正体はかつてブームが起こった「あの水」の言い方

記事を読む

川島なお美さんが亡くなった原因「肝内胆管がん」とは?かなり進行しないと症状が出ない!?

9月24日、川島なお美さん(53歳)が肝内胆管がんのため亡くなりました。 川島なお美さ

記事を読む

認知症の予防と脳の活性化にコグニサイズ!やり方も簡単!

高齢化社会の日本では認知症による徘徊や車の運転ミスなどが問題となっています。 この高齢

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • Sponsored Links
  • エスモ

    管理人のエスモです。
    今話題の情報や役立つ情報、個人的に気になる情報などをジャンルを問わずになんでもお届けします。
    ごゆっくりとお楽しみ下さい。

    更新情報をツイッターでお知らせ↓

  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑